FC2ブログ

blog SRTでの諸々

少しずつ成長している自分に気付くことが成長につながります♪

 ←顕在意識へのアプローチへの大切さ →言葉と幸せの相関関係
Goooooooooolden Weeeeeek!
終わりましたね。。。ずいぶん前に。
皆さま如何お過ごしですか?
やっとこさ、たどり着いた連休でしたが、これが終わっての次のお楽しみは???
自分で作るしかないですょね。
5月は自分のBD以外にも親しい友人のBDもあるので
そのお祝いDinnerで楽しく過ごそうかしら?

ストレスへの対応の仕方は様々ありますが、
ずっとこの問題が続くと考えるとストレス反応は過剰になります。
けれども○○が終わったら、△しよう、など、終着地点+プラスの報酬を自分に用意をすると
問題へのストレス反応は、然程、大きくなりません。
女性はすぐに「自分へのご褒美!」と言って何かを自分をあまやかすと言われたりもしますが
これは、ストレス対処上手だったりする場合も多いのです。
と、ちょっと臨床心理士的なコメントをしてみました(^^;

SRTのティーチャーに進むためのセルフマスタリーというコースがあり、
2月に香港に行ってきたのですが、
研修コースの構成が・・・
私自身が研修をしたり、講師もするため、評価基準は甘くないためかもしれませんが
ちょっと・・・おぃおぃ、○○ティーチャー、自分のやり方に甘んじないでください
と思えてしまうものだったのです。。。
しかし、いただいた、テキストはとても優れている
研修内容の構成を、吟味して再構成すれば、とても素晴らしいコースになるのに!
と感じ入るほど良いテキストなんです。
昨日、そのテキストを読みながら、SPIRITと会話をしながら、なるほどね~と思ったことがありましたので、シェアします。

アドバンスに出た方は、チャート19の学びのオクターブのお話です。
ベーシックに出た方は、アドバンスに出ると、さらにチャート19の詳しい使い方が分かります
SRTをしたことのない方は、直観で自分の課題はどこかな?と感じてみてください。

私たちが今携わっていることや、これから何かを始める場合
下記のような過程を通ります
気づき→願う→信念→進んで変える→目標を定める→目標達成に取り組む→完了と休息
このループ(循環)をしています。

まず自分が何をしたいのか?必要なことは何か?に「気付く」
気づいたことを、やっていきたいと「願う」
願ったことをするんだ、できるんだという強い思い「信念」を持つ
その願いや信念を携えて、今の状況から願う方向へと「進んで変え」ていく
変化が生じていくと、物事が明確に見えてくるため自分の望む方向がより分かりやすくなるので、ここでしっかりと「目標を定める」
目標を定めたら、願っているだけでは具現化はしません、3次元では「目標達成に取り組む」という行動をしていく
そしてその目標を「完了」させ、完了させたその物事の中に宿るエネルギーと自己を融合させる時間をとるために「休息」の時間を取ります。
そして、次にまた何を自分が望んでいるのか???と「気付く」→「願い」・・・・と続くのです。
が、こんな風に考えがちになってしまう人っています
「ずっと同じことをしている」
と。。。
確かに仕事というのは単調であったり、自分の成長が見えにくい場合も多々あります。
でもね、、、私たちは、この過程を進むからこそ身につけている物事はたくさんありますよね。
それにも関わらず、単調だったり、変化の見えない仕事だったりすると、
「いつも同じ」
と考えながら、その作業、仕事、物事に従事してしまいがちです。
自分がそのような意図を持っていたら、
「ずっと同じがいいのね」と高次の存在や宇宙に訴えているようなものです。
自分の潜在意識に「ずっと同じ」と暗示掛けしていることになります。

たとえば、掛け算。
2の段、3の段と覚えていきますが、2段も3段も5段変わりがない・・・単調な作業です。
でも2段を覚える前と後では、自分も世界も大きく変化しているんです。
9段を覚える前と後では、自分も世界も大きく変化しているんです。
変化しているけれども、その変化にさらなるエネルギーを注ぎこみ、よりよい状態へと導くのは自分がどんな意図を持つかで、ただの単なる暗記作業ではなくなり
大きく変化する自分つくりとなっていく・・・
単調な仕事であっても、そのループ(気づき→休息)を意識して、
そのループを始める時、その途中でもいいので、「このループが終わる時には○○になります、なりました」という意識を持って、「完了、休息」にたどり着き、
“○○になった自分で、次に望むのは◇◇だ”と「気が付く」
というループを辿ると、
私たちの魂の意識レベルはどんどん大きな輪を描きながら上昇していくのだと感じました。
螺旋階段が上にいくにつれ、その階段の和を広く広くしていくかのような、
NYのグッゲンハイム美術館の外観のような形で、
私たちは上昇していくんだなぁ~と感じたのでした。

なので、単調な作業でも
なんの変哲もない日々でも
変化に富む日々であっても
ぜひぜひ、この過程を終える時には、上昇した自分に
そのループを継続すればするほど、
高い高い意識レベルへと上昇している自分になっていく・・・のだな
と感じました。

チャート19の使い方は、
何かに従事していて、自分はどこにいるのかを知りたいなどの場合、
この学びのオクターブを活用してみてください。
例えば「信念」が示された場合、その意味は、信念の段階にいるのか、信念にブロックがあるのか、かもしれません。
それをブロックがあるのかYes/Noで聞いてみるのもいいでしょう。
ブロックがあったら、そのブロックはどのように外すのかをチャート1に戻り、
どのチャートかをHSに聞き、プログラムを外す手順に入ってください。
ブロックはなく、「信念」の段階にいると示された場合、
次の段階に進むための助言を求めてもいいです。
チャート19は他のチャートと連携して、プログラムやブロックを調査しクリアするという使い方があります♪♪♪


ところで、ペンデュラム教室は、AHPの都合により、延期となりました。
残念ですが、また行うときには、お知らせしますのでお待ちくださいませ♪
スポンサーサイト






~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【顕在意識へのアプローチへの大切さ】へ
  • 【言葉と幸せの相関関係】へ